家庭菜園

カラスに庭を荒らされた・・・対策は釣り糸

投稿日:

こんにちは、しょうたろうです。

そろそろ庭のトマト第一段が収穫時期だったのですが、やられました。

恐らく犯人はカラスかと思われます。

Crow Bird Perched Eating Foraging  - manfredrichter / Pixabay

manfredrichter / Pixabay

昨年もきゅうりをやられたので、餌場認定されてしまったのかもしれません。

1段目の実が全てやられています・・・大きい実だったのに。

ブラックベリーも枝が折られてますね。防鳥ネットの横の枝が折れています。

取り急ぎ対策しましょう。

去年効果があったのは釣り糸を周りに張り巡らす方法です。

なぜこれが効果があるのかというとカラスは警戒心が強く、「羽に何かがあたるのを極端に嫌がる」

という習性があるそうです。

カラスにとって羽が傷つくことは「死」を意味るということなんでしょうね。

さらに透明なラインはカラスから見えず、見えない何かが羽にあたるという恐怖から

カラスが寄り付かなくなるんだそうです。

というわけで張ってみました。

ちょっと見づらいですが、支柱に巻き付けるように張り巡らせています。

ラインは家にあった安物ラインです。

とりあえずこれで少し様子を見てみることにします。

あと今年はきゅうりを袋栽培でも育ているんですが、どうやらそこにダンゴムシが

大量発生したようで、きゅうりが食害にあっていますので、そちらも対策しておきます。

ホームセンターでデナポンという薬を買ってきたんですが、よくみるときゅうりに適用がありません・・・

しかも収穫14日前までと長く残るようなので、これの使用はあきらめました。

よく見ないといけないですね・・・

 

この日は雨だったので、効果は薄いと思いますが、気休めにこいつをかけておきました。

 

ダンゴムシは書いてませんが、農薬ではないので安心して使えそうです。

こちらも少し様子見ですね。雨続きで病気の発生も怖いので、そろそろお日様が欲しいところです。

google

google

-家庭菜園
-, , , , , , ,

Copyright© テストエンジニアしょうたろうの家庭菜園 , 2021 All Rights Reserved.