釣り

エイヒレを作ろう!(準備編)

更新日:

こんにちは、しょうたろうです。

タイトルのとおりなんですが、ふとエイヒレが食べたくなってきました。

皆さんはエイヒレはお好きですか?

私は大好きなんですが、このご時世なので飲み会にも行けず、

食べる機会はめっきりなくなってしまいました。

ならば自分で作ろうというのが今回のテーマです。

当然エイを釣るところから始めます(笑)

エイヒレのエイって何エイ?

疑問に思ったことなかったですね。

調べるとガンギエイという種類で作ることが多いそうですが、

アカエイでも大丈夫なようです。

東京湾にアカエイはいくらでもいるので、今回はアカエイを

ターゲットにしてみようと思います。

準備編(エサ)

狙ったことはありませんが、たぶんなんでもいいんでしょう。

今回はスーパーに売っていたサバを塩サバにしていきます。

厚みがありすぎると針につけづらいので、トリミングして1cm幅ぐらいに切り分けます。

トリミングした部分は細かくして撒き餌にします。

こちらは軽く塩を振って水分を抜いたものです。

さらに塩をかけて身を締めます。

この状態で新聞紙でくるんで冷凍庫行きです。

サバ餌はカサゴなどにも使えるので、使わない分は冷凍保存しておきます。

 

準備編(タックル)

ロッド&リール

ごつければなんでもいいかと・・・

経験上シーバスタックルでPE1号程度だと、メーター超えは苦戦しますので

オフショアのシイラタックルを流用します。

安いやつで十分です。

 

シマノのスフェロスに太いPEが巻いてあるので、そちらを使用します。

準備編(ランディング)

実はここが一番重要だったり・・・

ご存じのとおりアカエイには毒のトゲがあります。

ウェーダーを余裕で貫通し、時にアキレス腱をもぶち切るらしいです。

毒性も強く、いわゆるタンパク質毒といわれ、直接キズの中の細胞を壊し炎症を起こします。

そのため、刺された直後から激しい痛みに襲われ、10分ぐらいすると刺すような痛みに変わります。

細胞が破壊され壊死を起こし始めます。重症の場合は血圧低下、呼吸障害、下痢、発熱等の全身症状が出て、

最悪の場合、アナフィラキシーショックにより死に至ることもあるそうです。

怖いですね・・・なので対策を考えました。

ギャフでずり上げる

私の釣りをするロケーションだと砂浜にずり上げるケースは少なく、

堤防などの段差があることがほとんどです。

タモでも掬えないことはないですが、60cm枠でも結構きついですし

タモの柄が折れるとショックなので、ギャフを購入しました。

amazonで2000円程度でした。

90cm伸びればなんとかなるでしょう。

先端も鋭いのでなんとかなりそうです。

尻尾を切る&解体する

これは普段から愛用のハサミ(SK11)でよいでしょう。

尻尾の切断から解体まで使えるはずです。

持ち手部分に穴を開けて、ウェーディングベストにひっかけられるようにしてあります。

さああとは釣るだけ・・・実釣編はまた今度

google

google

-釣り
-, , , ,

Copyright© テストエンジニアしょうたろうの家庭菜園 , 2021 All Rights Reserved.