バイク

PCXのおすすめタイヤは?シティグリップ一択なのか?

投稿日:

こんにちは、しょうたろうです。

以前PCX(JF56)のタイヤ交換を記事にしたことがありますが、

ピレリのディアブロスクーターに興味ある方が結構いらっしゃるようです。

ただし残念ながらPCX用のサイズのディアブロスクーターは廃盤となってしまったようです・・・

結構気に入っていただけに残念です。

過去のPCX関連の記事はこちらをご参照ください。

PCX125(JF56)のタイヤをピレリに交換したのでインプレなど

こんばんは、しょうたろうです。 Instagramから画像を投稿できるようにしてみました。 自動で下書きにしてくれるのは楽ですねー 今日は通勤用に購入したPCXについてのお話しです。 その他PCX関連 ...

続きを見る

PCXのタイヤを交換~その後

こんばんは、しょうたろうです。 当ブログはアクセス数もあまりない過疎ブログなんですが、こんなブログでも 記事によりアクセス数の多い・少ないがありまして、一番アクセス数が多いのが PCXのタイヤ交換に関 ...

続きを見る

PCXのリアタイヤがパンク・・・

こんばんは、しょうたろうです。 愛車PCXのタイヤを以前交換したのですが、タイヤ交換から半年もたたずにパンクしてしまいました・・・ 前回の記事はこちら 発覚した経緯 会社帰りにPCXにまたがると、なん ...

続きを見る

 

現在のタイヤの状態

振り返るとリアタイヤは2017年11月、フロントタイヤに至っては2017年6月から

交換していないようですね・・・丸4年以上ですね。

フロントタイヤはタイヤサイドにひびが入ってきています。

リアタイヤはまだ溝も含めて大丈夫そうです。

ただし結構年数が経っているので、できれば両方交換したほうがよさそうですね。

距離は4年でプラス10000kmというところでしょうか。

通勤メインの使い方&昨今は在宅勤務などで距離は伸びていません。

(以前の記事をみると6600km程度で交換していました)

タイヤに求める性能

大体タイヤに求める性能というのはこんなところでしょうか。

ブリジストンのページに書いてありました(笑)

  1. 直進安定性
  2. ドライ性能
  3. ウェット性能
  4. 低燃費性能
  5. ライフ性能
  6. 静粛性
  7. 乗り心地

私の中で優先度をつけるとしたら・・・

ウェット性能>直進安定性>ドライ性能>ライフ性能>乗り心地>静粛性>低燃費性能

といった感じですかね。

ウェット性能

まずはこれが一番ですね。雨の日怖いです・・・安全運転第一ですが、

バイクは簡単に転んでしまうので、少しでもリスクを減らしたいです。

直進安定性、ドライ性能

このあたりは普段使いで快適・安全につながるものですね。

どうなれば直進が安定するのかイマイチわかりませんが、

ディアブロスクーターは太めのタイヤが安定性につながっていたように思います。

ライフ性能

極端に短くなければ個人的に構いません。

有名どころであればそれほど大きな差はないと思います。

それよりも青空駐車なので、カバーやタイヤコーティングのほうが効果的かもしれません。

次の交換のタイミングでこのたりの購入を考えています。

おすすめのタイヤは?

ピレリが選択できない現状では有名どころは3つぐらいですね。

ブリジストン バトラックス

ミシュラン シティグリップ

ダンロップ RUNSCOOT D307

タイヤの幅で比較すると

もしかしたらメーカごとに基準が違う可能性はありますが、比較するとこんな感じでした。

ブリジストン バトラックス:100mm

ミシュラン シティグリップ:120mm

ダンロップ RUNSCOOT D307:101mm(リア)89mm(フロント)

シティグリップが一番太そうですね。

メーカの売りで比較すると

メーカサイトで力を入れて説明している個所を抜粋するとこんな感じでした。

ブリジストン バトラックス

  1. コーナリング時のグリップ向上
  2. リニアなハンドリング特性
  3. 深いバンク時の旋回性の向上
  4. コーナー立ち上がりのふんばり感と進行方向のグリップ力を向上

 ウェット性能は下のほうに小さく書いてありました。

ミシュラン シティグリップ

 フルディプス・サイプの採用により、濡れた路面での グリップ力が向上

  1. 雨天時や濡れた路面で高いウェットグリップ性能を発揮
  2. 持続するパフォーマンス
  3. オートバイメーカーが純正装着用タイヤとして採用

 こちらはウェット性能を謳い文句にしていますね。

ダンロップ RUNSCOOT D307

 軽快で安定した走りでスクーターにベストマッチ。
 ダンロップのスクーター用タイヤ。

 としかメーカーサイトにはありませんでしたので、

 正直よくわかりませんでした(笑)

結論としてはやはりシティグリップ

ウェット性能を重視しているということで、私の求める性能とマッチしています。

また、タイヤの太さも一番太いので安定感がありそうです。

次点でブリジストンでしょうか。

ダンロップはあまりやる気がなさそうなので、私は買わないと思います。

ディアブロスクーターもネットに在庫はありそうですが、自分で取り付けはできませんし、

持ち込み可能なバイク屋さんの伝手もないので、あきらめるしかありませんね。

google

google

-バイク
-, , , , , , , ,

Copyright© テストエンジニアしょうたろうの家庭菜園 , 2021 All Rights Reserved.