お出かけ キャンプ

バミューダフレックスの取り付け方法

投稿日:

こんにちは、しょうたろうです。

今回はバミューダフレックス3700の具体的な取り付けなどについて

書いていこうと思います。

ルーフバッグ?バミューダフレックスって?という方は以前の記事をご覧ください。

バミューダフレックスの取り付けや高速走行時の影響

こんにちは、しょうたろうです。我が家は数年前からキャンプに行くようになったんですが、こんなご時世でなかなか行けませんね。 そのうち行けるようになると信じて自分の記録がてら車載できるキャンプ道具が飛躍的 ...

続きを見る

 

ベースキャリアの選定

まずはベースキャリアの選定です。特にこだわりがなかったので

同メーカのベースキャリアを選択しました。

車種別の取り付けキットがありますので、ベースキャリア+メーカ名+車種などで

検索すると出てくると思います。

ちなみにベースキャリアの型番は以下の通りです。

フット:EF14BLもしくはEF14BLX(鍵の仕様が違うだけ)

バー:EB2

ベースキャリアの具体的な取り付けは割愛しますが、メインバーの間隔を

42.5cm~75.0cm開けるよう取説で記載されていますので、ご注意ください。

(5700の場合は40.0cm~80.0cm)

ちょっと錆が浮いてきてますね・・・

取り付け手順

ここから具体的なバミューダフレックス3700の取り付けに入っていきます。

慣れれば一人でも取り付けは可能です。

所要時間は大体15分程度といったところでしょうか。

ちなみに普段は物置にしまっているんですが、かなり薄いので

これぐらいのスペースで収納できます。立てかけもありかと思います。

まずは屋根に乗せる

袋から取り出したのちにベースキャリアに乗せます。

一人で難しいようなら二人で行ったほうがよいかと思います。

一か所乗せた後にバーの上を滑らせるようにするとスムーズに行きます。

この後は一人でも問題なく作業できます。

 

ルーフバーの取り付け

ルーフバーの固定されている側(黒いほう)を奥のサイドフレームにはめ込み、サイドフレームを立ち上げます。

手前のサイドフレームにはルーフバーの青いほうをはめ込み、伸ばしてロックさせます。

これで自立するようになりました。

ステーの取り付け

前後左右のバランスを見て、固定する場所を決めたらステーを取り付けていきます。

スリットからステーを差し込んでいきます。

ここでの注意点は2つ

  1. ステーの開口部が車両の外側を向くように取り付けること
  2. ステーの先端でなく根元の部分をベースキャリアのバーに固定すること

具体的にはこんな感じです。

前側

後ろ側

前は開口部が前側に、後ろは開口部が後ろ側になればOKです。

また、なんとなくステー先端の曲がっているあたりで固定したくなりますが、

根元で固定するようにしましょう。

これで取り付けは完了です。

 

 

 

 

 

 

google

google

-お出かけ, キャンプ
-, , , , , ,

Copyright© テストエンジニアしょうたろうの家庭菜園 , 2021 All Rights Reserved.