ゲーム 趣味 釣り

PS4に外付けSSDを装着

投稿日:

こんにちは、しょうたろうです。

年末年始は公私共に忙しく、やっと今年初めてのブログ更新になります。
やっと仕事が落ち着いてきたので、今は時間を見つけてはモンスターハンターやってます(笑)
初釣りは・・・

スミイカちゃんでした。このあともう1杯追加してお持ち帰りしました。
スミイカは刺身でも火を通してもおいしいですよね。
今回は定番の刺身、イカフライに加えて、肝とゲソを使ったアヒージョにしてみました。
写真はないので今度詳しくメモしておきます。
で、最近ですがモンスターハンターワールドにどハマりしております(笑)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

モンスターハンター:ワールド 通常版
価格:8728円(税込、送料無料) (2018/2/3時点)

 

PSP以来ですが違和感もなく画質がきれいで感動します。
ただいまハンマーを愛用しており、坂道でまわりまくってます。

モンスターハンター:ワールド_20180127013313

モンスターハンター:ワールド_20180203111310

システムに関しては今のところ不満な点はほとんどありません(オンラインはまだやってません)
ただし全体的にロード時間が長いです。
クエストを受注するたびに発生するのが若干ストレスですね。
これを解消するための方法としてストレージをHDDから高速なSSDに変えるという方法があるそうなので
調べてみると、内蔵HDDの換装よりも外付けSSDをつけるほうが簡単そうなので240G以上のSSDを探しました。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

COLORFUL SL500 320G (SSD/2.5インチ/320GB/SATA) [振込不可]
価格:10480円(税込、送料無料) (2018/2/3時点)

 

最近はSSDも安くなったんですね・・・知らないメーカなので信頼性には劣るのでしょうが
PS4のストレージとして使う分にはデータが飛んでも困らないのでこれでいいでしょう。
まずは今どれぐらいロード時間がかかっているかを測っておきます。

1.起動時のロード時間
→プレイヤーを選択し、集会所を作成したあとから起動するまでの時間を測定します。

今の環境では約50秒でした。

2.クエスト受注時のロード時間
→クリアしていないキリンのクエストがあったのでそれにします。

今の環境では約28秒でした。

スポンサーリンク

google

それではSSD化してみます。
外付けSSDをPS4につないだら設定→周辺機器→USBストレージ機器からSSDを選択し
拡張ストレージとしてフォーマットするを選択します。
フォーマットはサクッと終わるはずですので、続いてSSDにアプリケーションを移動させます。
今回はとりあえずモンハンだけ移動させたいと思います。
ストレージ→本体ストレージ→アプリケーション→OPTIONボタンの順に押します。
拡張ストレージへ移動するを選び、モンハンを選択し移動ボタンを押します。
大体3分ほどで移動は完了です。

さきほどの条件でもう一度起動時間を測定してみましょう。

結果

内蔵/外付け 1.起動時 2.クエスト受注時
内蔵 50秒 28秒
外付け 26秒 13秒

倍近く早くなっていますね。ここまで違うとは思っていませんでしたので、うれしい誤算です。

これで快適なハンターライフが送れそうです(笑)

google

google

-ゲーム, 趣味, 釣り

Copyright© テストエンジニアしょうたろうの家庭菜園 , 2019 All Rights Reserved.